小川町ハイキングコース < お寺と和紙を訪ねるコース < 館ノ倉山ハイキングコース
小川町駅〜小川町和紙体験学習センター〜円城寺〜小川和紙資料館〜龍谷薬師堂〜(公衆トイレ)〜西光寺〜大聖寺〜埼玉伝統工芸会館〜和紙のふるさと〜八宮神社〜小川町駅
小川町駅を出発点とし、商店街の歩道を直進し、指導標に従って進み、槻川にかかる馬橋を渡り信号を左に曲がる。水路沿いの道を進み八高線を横切り、道は二手に分かれ、右コースの山裾の道ををしばらく進むと、西光寺の山門が見える。鐘楼のある木造の山門と背景の竹林、樹林がこの付近の景色によくとけこんでいる。槻川の大寺橋を渡り、しばらく川沿いに進むと柳町橋のたもとに出る。ここから大聖寺がながめられる。そこからの眺めは、仙元山を目の前に、その背後には外秩父の山々が連なり、平凡な中にも味わいのある山里風景にひたることができる。コースは大聖寺から小川町方面へもどり、国道254号の歩道に出ると向かって左に「埼玉伝統工芸会館」が見えてくる。ここでは、県内の伝統的手工芸品の指定品目が総て展示されおり、和紙実演室では、洗練された手の動きを鑑賞したり、実際に参加して和紙漉きを体験することもできます。また、この一帯は「和紙の里」と呼ばれており、小川和紙の歴史は古く、江戸時代の頃は、現在の小川町周辺で700軒を超える一大紙産地となった。戦後洋紙に押され紙漉き屋は減少したが、現在でも手漉き和紙の技術を守っている人達がいます。点在する紙漉き屋の町をぬうように歩けば兜川につきあたり、和紙の里めぐりは終わる。国道を右に曲がり、あとは車道沿いに進めば出発点である小川町駅へ出る。
仙元山見晴らしの丘公園のご案内  *203mのローラーすべり台

仙元山見晴らしの丘公園
休園日 毎週月曜日 (祝祭日除く)
203mのローラーすべり台(利用時間帯) 
*3月〜 5月(AM9:45〜PM4:30)*6月〜 8月(AM 9:30〜 PM5:30)
*9月〜11月(AM9:45〜PM4:30)*12月〜2月(AM10:00〜PM3:30)
(料金)高校以上¥200 小中学生¥100 
未就学児 無料 (滑走用品 別料金)

仙元山見晴しの丘公園(役場HP)
手漉き和紙の体験・学習のご案内  *小川手漉和紙のご紹介
埼玉伝統工芸会館 (HP
小川和紙をはじめ県内28品目の埼玉県指定伝統的手工芸品を展示しています。小川町特産の手漉き和紙の製作過程を実演で公開し、洗練された職人の手の動きを鑑賞できます。希望者には名人の指導で紙漉きを体験できる工房もあり、来館の記念にと多勢の人達がもの作りの楽しさを肌で感じ取って行きます。
入館料 大人(高校生以上)300円【200円】 小人(小・中学生)150円【100円】
*【 】は20名以上の団体料金です。
開館時間 午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで/実演は午後3時まで)
休館日 月曜日と第2火曜日(休日の場合開館)・休日の翌日(この日が日曜日、休日の場合開館)年末年始
お問合せ 埼玉伝統工芸会館 п@0493(72)1220

小川町和紙体験学習センター
旧埼玉県製紙工業試験場の建物と跡地を利用し’99年10月に開館いたしました。少し昔の木造校舎を思わせるユニークな外観で、一般の方々に和紙のすばらしさを再認識していただくため、お待ちしております。通常の紙漉き体験よりも、もう一歩踏み込んだ形での手漉き和紙1日体験学習教室(毎月第3水曜日・第3日曜日/受講費 5,000円)や原料の仕込みから作業を行い、4日間で本格的な小川和紙の完成を目指す小川和紙総合体験学習教室があります。
入館料 大人(高校生以上)300円【200円】 小人(小・中学生)150円【100円】 【 】は20名以上の団体料金です。
開館時間 午前9時〜午後4時
休館日 火曜日(祝祭日に場合、翌日)・年末年始
お問合せ рO493(72)7262
■関根隆吉和紙工房  定休日なし■内野要吉和紙工房  定休日なし■窪田和紙センター 定休日なし ■久保昌太郎和紙工房 月曜定休日