地域伝統野菜を活用した特産品開発事業「のらぼう菜」のご案内
この度、小川町商工会では嵐山町商工会とときがわ町商工会と連携し、地域の伝統野菜「のらぼう菜」を材料に活用した特産品カタログを作成致しました。のらぼう菜は、関東郡代・伊奈備前守より配布され「天明・天保の飢饉」の際、「比企地方の飢えを救った」とされる伝統野菜です。また、トウ(写真の←部)を食べる、かき菜で、甘味があり、食感が良くアクの少ない野菜です。ビタミンCも小松菜の約2倍強と多く、またトウにより赤み(アントシアニン)がでる種類もあり栄養価も豊富です。
 
のらぼう菜を使用した特産品のカタログ【小川町・嵐山町・ときがわ町広域版】「MAP2010」ダウンロードのご案内


 小川・嵐山・ときがわ 3町連携のらぼう菜MAPダウロード【PDF 全8ページB4サイズ】

【のらぼう菜を使用した特産品 を商品としてお取扱する方へ】


当会ではのらぼう菜を使用した特産品開発の推奨しております。開発事業者・グループの方は当会まで、申請書(PDF)をご提出ください。FAX等で関連する情報をご案内させて頂きます。

 のらぼう菜を使用した特産品 取扱申請書 【 小川町商工会専用 】(PDF)

 

「伝統野菜 のらぼう菜」を使用した特産品開発事業 概要書(至H18〜)

【事業実施の趣旨】小川町内の「食」に関係する商工業者が「地域の共通材料」をテーマに農業と連携する事により、「地域色ある商品」「地域の付加価値の付く商品」が開発され、強いては本地方の新たな食文化を育成並びに地産地消の推進を目的とし本事業を実施する。

【キーワード材料 のらぼう菜とは?】のらぼう菜はアブラナ科「かき菜の一種」の野菜。菜種油を絞る作物で1767(昭和4年)年、当時の関東郡代が比企の農家に種を配布し栽培を始めた。栄養価が高い事から当地方の「天明・天保の飢饉を救った野菜」と言われときがわ町大野地区の農家より古文書が見付かっている。「トウ(茎)」の部分を食し、甘みが多く、ビタミンCは小松菜の約2倍と豊富。8月の下旬から9月の中旬に種を播き翌年の3月頃に収穫時期を迎える

【各商店の取組体制】平成193月より、のらぼう菜【@粉末材料・A生菜】を活用し各商店が、相違工夫を凝らした商品を開発。「取扱店看板」「昇り旗」の販売、MAP作成等 商工会が事務局として事業支援体制を確立。

【農家の生産体制】県東松山農林振興センタ−では、平成1710月 「小川町・ときがわ町・嵐山町」の農家で「のらぼう菜栽培会」を設立し、本格的な生産振興体制を確立

【のらぼう菜 出荷状況推移(比企全体】

のらぼう菜出荷量/トン

備 考

平成18

1.5トン

8農家が生産

平成19

6.0トン

50農家が生産

平成20

10トン

46農家が生産

平成21

平成22

32トン

のらぼう菜栽培会49農家(全体68

【のらぼう菜 購入先】

のらぼう材料種類

取扱者

TEL

住所

のらぼう菜(生菜)

鈴木商店

72-0598

小川町大塚1184

小川町下里 安藤さん

72-2515

小川町下里329

JA農産物直売所

74-3396

小川町下横田675-3

のらぼう菜(生)・・収穫は310日頃(天候等により遅れる場合もあります。)収穫後に準備でき次第、販売(値段目安 一束 \130程度)

のらぼう菜(粉末)

小川町下里 安藤さん

72-2515

小川町下里329

値段目安 乾粉 1キロ \4,0005,000程度(購入前に事前にご相談ください)

「のらぼう菜特産品カタログ」のファイル(PDF)がダウンロードできます。PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。さまざまなプラットフォームやデバイスでPDFファイルをより安全に表示、印刷、共有するための無償のソフトウェアです。ご自宅のパソコンにAdobe Readerダウンロードし閲覧ください。
 (Adobe Readeダウンロードはコチラからできます)
 
 
== お問い合わせ先==
小川町商工会 埼玉県比企郡小川町大塚33番地 TEL 0493-72-0280 FAX0493-72-1004